子どものSwitch依存に注意!長男がゲームにはまりすぎて様子がおかしくなった話!

ゲーム・おもちゃ・絵本・遊具Switch

Pocket

スポンサーリンク

何でも一生懸命がんばる小三長男!
ゲームは好きだけど時間もちゃんと守るし、宿題も習い事もそれなりに頑張っていました。

Left Caption

みーママ

あの日までは・・・・・

お誕生日にSwitchをプレゼントしてから、長男の様子がおかしくなってしまったんです。

Left Caption

みーママ

今回は具体的にどうなったのか、どう対処していったかをお話します。

スポンサーリンク

具体的になにが変わったのか?

すべてがSwitchを買ったことが原因なのかは分かりませんが、とりあえず変わったところ書いてみます。

変わったこと・習い事の宿題を適当にやるようになった
・学校の宿題をやり忘れることが多くなった
・公園やイベントに行ってもつまらなそうにするようになった
・お手伝いややるべきことを言わないとやらなくなった

我が家では平日はゲームの時間を1日1時間までと決めています。

Left Caption

みーママ

では一つずつ説明していきますね!

スポンサーリンク

変化1:習い事の宿題を適当にやるようになった

公文書写を習っていて、毎日教材を2枚ずつ宿題としてやるようにしています。

早くSwitchがやりたいがために、お手本もちゃんと見ないで適当にするようになってきたのです。
長女とおしゃべりしながらやっているので、注意すると

Right Caption

ごー

しゃべりながらじゃないと集中できない!

とすねて部屋に閉じこもってしまったり。
さらに注意すると泣き出して、挙句の果てに

Right Caption

ごー

公文やめたい・・・

と言ってきました。
先生に相談すると、ここ最近から教室でもずっと妹とおしゃべり、習字も適当にぱぱっと終わらせていたようです。
妹と違う日に変えようかというと、それはいやだと泣き出し・・・

Left Caption

みーママ

結局先生が長男と話をして、またやる気を出してくれたので良かったのですが・・・

スポンサーリンク

変化2:学校の宿題をやり忘れることが多くなった

我が家では『宿題を終わらせたらゲームをしていい』
というルールにしています。
しかし!

Left Caption

みーママ

宿題・・・とにかく注意力散漫、集中できていない!

終わった~~!と言ってゲームをした後に、見返すとやっていないプリントがでてきて『あっ忘れてた!』と慌ててやることもありました。
また2ページやらないといけない宿題を1ページしかしておらず、先生にも指摘を受けているのに

Right Caption

ごー

そんなの聞いてない、やらなくていい!

の一点張りでやらないことが何回か続きました。

Left Caption

みーママ

以前はそんなこと絶対になかったのに・・・

スポンサーリンク

変化3:外出してもつまらなそうにするようになった

小学生向けのクイズ大会や工作などのワークショップが大好きだった長男。
好きそうだと思って連れて行っても、冷めたように後ろでぼーっと立っているだけ。
そして早く帰りたいアピールをします。
移動中は、ゲームのキャラクターの話をずっと嬉しそうに話しています。
せっかく外出したのになという気分になります。

Left Caption

みーママ

外出中くらい頭からゲームが離れてほしい・・・。

変化4:やるべきことを言わないとやらなくなった

片付けやお手伝いなど、以前は言わなくてもできていたことが、こちらが言うまでやらなくなりました。
とにかくゲームを早くやりたい!
その気持ちが前面に出ていてやるべきことを後回し

Right Caption

ごー

言われなかったらやらなくていいや・・・

という感じです・・・。

スポンサーリンク

様子が変わってしまった原因は?

長男がはまっているのが「マリオメーカー2」や「マインクラフト」の創作系ゲームです。
プログラミングが養われるとっても面白くていいゲームなんです。

やったことがある人は分かると思いますが、これ終わりが見えないでんすよね!
凝り性の長男はマリオメーカー2では調べながら難しいコース作りをもくもくと作り、マインクラフトでは世界一高いビルを作ると永遠と終わらなさそうな作業をしています。
もともと創作が好きな長男は見事にはまってしまって、早く続きを作りたい、早く完成させたい、そればかりが頭の中でウヨウヨしているようです。

Right Caption

ごー

早くやりたい!完成させたい!

この気持ちが、宿題や習い事をおろそかにしたりやるべきことはそっちのけでゲームを優先してしまうのかなと思います。
それから私もついつい甘くなって、1時間が過ぎても

Left Caption

みーママ

そこまで完成するまでやってもいいよ

と言ってしまったり、留守番させるときは自由タイムにしていたりして、ルールがゆるゆるになっていたなと反省します。

Left Caption

みーママ

やっぱりルールはルール、きっちりと守るということを教えていくべきでした。

スポンサーリンク

改善策として実際にやったことは?

我が家のゲームルールをもう一度作り直しました。

新ルール・ゲームを先にやってもOK!
・ゲーム時間が1時間になったらすぐにやめること!
・宿題もやるべきことも全てきちんと終わって、寝る前にまだ時間があったら好きなことをしてOK!

これにくわえて、帰ってから寝るまでのやることリストを書いて壁に貼りました。
宿題をしてからでないとゲームはだめ!というルールを変えたことが一番の変更点です。
ゲームを後にすると、
早くやりたい⇒

Right Caption

ごー

ぱぱっと宿題を終わらせよう

と適当になってしまうのだと思います。
そして適当にせずにきちんとやれたら、最後にフリータイムというごほうびを用意しました。

Left Caption

みーママ

先にその日のゲーム時間をやってしまえば、じっくりやってくれるのでは?

新ルールに変えてみた結果は?

結論から言うと・・・

Left Caption

みーママ

大成功でした!

ゲームを先にすることでまずは満足を得て、すんなりと宿題や自宅学習に取り組むようになりました。
以前は様子を見に行くことはなかったのですが、ちょこちょこ「分からないとこない?」と様子を見に行くようにしました。

Left Caption

みーママ

そして晩御飯⇒お風呂⇒明日の用意⇒歯磨きまで一気に終わらせます。

そしてまだ寝る時間まで時間があれば、フリータイムにあてることができます。
ここでは私も一緒にSwitchをやってみたり、トランプをみんなでやってみたりしました。
もちろん一人でSwitchをすることが多いですが、一家団欒の時間にあてることもできるので私にとってもすごく良かったなと思います。
それから・・・

Left Caption

みーママ

やることリストは予想以上にいい仕事をしてくれました!

いつも私が言わないとやらなかったこともきちんとできるようになりました。
兄弟で次にやることを教えあったりする場面もみられました。
もちろんこれだけで全て解決できた!というわけではありません。

Left Caption

みーママ

とりあえずこの新ルールでがんばってみます!

スポンサーリンク

反抗期という時期を乗り越えていこう

今回はSwitchを否定しているわけでは全くありません
もし同じようにお子さんがSwitchにはまりすぎて困っているかたがいれば、ルールを変えてみたりいろいろと試してみてください!

Left Caption

みーママ

きっとその家庭であっているやり方が見つかると思います!

小学3年生・・・反抗期が訪れる難しい時期です。
いつからか、1つ言い方を間違えると怒ったりすねてしまうようになった長男。
とにかく親子のコミュニケーションを忘れずに、長男の気持ちもよく考えながら一つずつ正解を見つけてお互いに成長していけたらなと思います!

Left Caption

みーママ

ママも成長しなくては!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2019年11月23日ゲーム・おもちゃ・絵本・遊具Switch

Posted by michiyan